初めまして。私は某大学で研究助成金獲得業務を行ってきた「もとじむ」と申します。
このサイトを作ろうと思ったきっかけは業務外で知り合った他大学の教員の方のお話を伺ったことです。
研究機関によっては研究への細かいサポート体制がないということを知り、
もしかしたら私のつたない経験でも役に立ててもらえるのかもしれないと思い立ちました。
このサイトをご覧戴くに辺り、「はじめに」と「ご留意頂きたいこと」をご覧いただき、ご理解ください。
非営利目的であり、更新頻度は一定ではありません。時々、思い出した様に記事を追加することになると思います。

令和2年度の科研費の公募が始まりました。
前回の公募より、応募分野の大規模な変更、審査方法の変更、様式の変更等、かなり大がかりな変更がありました。
このサイトでは順番に記事を更新していきますが、全てのページが新様式に書き換わるまではかなりの時間を要しますので、ご容赦願います。場合によっては様式の変更は間に合わない可能性もあることをご理解ください。
目次

留意事項やお知らせ
はじめに。このサイトを開設したきっかけ。
ご覧頂くに当たってご留意頂きたいことなど。
科研費関連サイトリンク集

研究計画調書作成のポイント
科研費の計画調書は誰もが書きやすい申請書類。
研究種目の選び方
審査希望分野の選び方
研究組織(研究代表者、分担者、連携研究者、外国人)の考え方
最も重要なのは研究の背景をどう書くか。 
審査員の目を想像しながら計画調書を組立てる(1)
審査員の目を想像しながら計画調書を組立てる(2)
採択の分かれ目は「普通プラスα」。5段階評価の真実。
※平成30年度公募分から4段階審査になります。(書き換えてあります。)
効果的に審査員に研究内容を訴える書き方の例
意外とできてないのが書くべきことを書くべき欄に書くこと。
科研費の公募にまつわる資料や様式の種類の解説。
研究費の考え方、組立て方。 


研究計画調書 各項目の書き方 具体的解説
「研究目的、研究方法など」の書き方
「本研究の着想に至った経緯など」の書き方 
「研究代表者および研究分担者の研究業績 」の書き方 
「人権の保護及び法令等の遵守への対応」の書き方 
「研究計画最終年度前年度の応募を行う場合の記入事項」の書き方  
「設備備品費の明細」の書き方 
「消耗品費の明細」の書き方 
「国内旅費、外国旅費」の書き方 
「人件費・謝金、その他」の書き方 
「研究費の応募・受入等の状況」の書き方
若手研究:「研究略歴」の書き方
研究分担者承諾書とは?
「応募情報(Web入力項目)」と「応募内容ファイル」。提出までの流れ。


研究者が噂する科研費審査都市伝説?
科研費は国立大学に所属していると採択されやすいのか?
審査員は3年で入れ替わるのでしつこく出せば3年目にお情けで通る?
文系の申請書は控えめな金額で出さないと通らない?
図表やイラストはカラフルに仕上げる方がよい?


「研究代表者および研究分担者の研究業績 」の書き方

科研費の研究計画調書は純粋に頭から順番にどう書いていくかが重要だと思います。
ますは「タイトル」。これで審査員を「お?」と引きつけるようなものが書けるのがポイント。
そして「研究目的」。その研究の置かれている背景や現在の立ち位置を述べた後に、いかに応募研究が重要かを訴えます。
勿論、この導入部分はうまくタイトルに連動している必要がある。
その次は「研究計画・方法」です。実際に前に述べた研究目的を具体的にどう進めていくのかその実現性と計画性を見ます。
そして、その「研究目的」に添って立てた「研究計画・方法」を実現する能力があるのかどうかを見るのが、
研究の準備状況」であり、「研究業績」です。
キッチリとした研究成果を世の中に発信してきた証明でもあり、審査員に「この人なら成果を出すかも」と思わせる援護射撃になります。
続きを読む
posted by もとじむ at 2017年10月06日 last update | 研究計画調書 各項目の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「本研究の着想に至った経緯など」の書き方

研究計画調書は「研究目的」欄が最も重要で、この中で、研究の置かれている背景や応募課題の特徴を訴えかけます。
そして、その目的欄で述べたことを具体的にどうするか、研究の中身を説明するのが研究計画欄でした。
平成30年度の公募分から、研究目的、研究計画欄を二つにまとめ、その中から公募研究を発想に至った経緯や、
これまでの研究活動、準備状況など、研究の背景を説明する欄が別立てになりました。
研究の目的、方法などを述べた上で、その目的、方法をより確からしく肉付けするためのページといったところです。
自分のアイデア、それにまつわるこれまでに公表されている「他人の研究成果」、これまでの自分の研究活動の内容、準備状況と実行可能性と、
前のページまでに述べてきた、研究目的や方法が実行できるかどうかを判断してもらう材料になるのがこのページです。続きを読む
posted by もとじむ at 2017年10月04日 last update | 研究計画調書 各項目の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「研究計画最終年度前年度の応募を行う場合の記入事項」の書き方

科研費では、限られた財源で多くの優れた研究者を支援すること、応募件数の増加により適正な審査の運営に支障を来さないようにすることなどを考慮し、重複応募を制限するルールが設けられています。
このような制限がない場合、数うちゃ当たるとばかりに同じ研究課題を全ての研究種目で応募する人も出てきます。
事務的にも非常に非効率ですし、場合によっては同じ研究課題が複数の研究種目で採択されるなどということが発生してくるからです。

ただし、その重複応募の制限にも特例があります
それが、特別推進研究、基盤研究、若手研究にある「研究計画最終年度前年度の応募」です。
続きを読む
posted by もとじむ at 2017年10月03日 last update | 研究計画調書 各項目の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「研究目的、研究方法など」の書き方

ここからは科研費の研究計画調書の各項目に、何をどう書くのか、「基盤研究(C)」をベースに説明していきます。
まず最初は、研究計画調書の要の要ともいえる、「研究目的、研究方法など」欄です。
こちらは「最も重要なのは研究の背景をどう書くか。」にも書いたように自分の応募課題に興味を持ってもらえるかどうかの鍵になる導入部分です。
研究計画調書は、「タイトル」→「研究内容」という流れで審査員の興味をひくことがもっとも大事で、
その後の研究方法や業績などは、実際にそれを実現出来るかどうかの裏付けを確認する欄といえると思います。
続きを読む
posted by もとじむ at 2017年09月29日 last update | 研究計画調書 各項目の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

科研費の公募にまつわる資料や様式の種類の解説。

科研費の研究計画調書は、それぞれの応募者の研究内容を審査員にアピールするために必要不可欠なことが、
過不足なくびっちりと詰め込まれています。
研究の内容そのものを審査員に伝えるためだけでなく、審査を取り扱う事務側(日本学術振興会など)の取り扱いやすさ、
法令などに抵触していないかなどの判断材料などの項目がはいり、盛りだくさんです。
時代に合わせて研究計画調書が徐々に進化している(増ページしている)のはわかるのですが、
初めて科研費に応募する人の中には、関連書類がありすぎて混乱することもあるようです。
また、研究計画をたてたり、研究経費を見積もって算出することなどは当たり前の話で誰もが納得する記載項目ですが、
「その算出根拠を説明しなさい」なんて欄まであって、「なにをどう説明すればいいんだ!」とよく聞かれました。

某私立大学にいた私の経験で言いますと、一般的に国公立大学出身の先生は全く違和感を抱いておられませんでしたが、
民間企業等の出身の先生はお役所文書に慣れておらずパニックになる人もおられました。

今は独立法人化したため事情は違うかもしれませんが、国公立大学の場合、学校の全体予算そのものが税金なので、
普段から書類の取扱等がキッチリしていたのだと思います。
(ちなみに噂によると某国立大では応募書類の提出日を1日でも遅れるとシュレッダーにかけて捨てていたそうです。)

かくいう私も科研費の担当になりたてのころはわけがわからず、先生方から質問の電話を受けるのがイヤでした。
意味のわからない初めて聞く用語ばかり。助けてくれる先輩もいない状態で、四苦八苦したことを憶えています。

初めて応募する時は混乱するかもしれませんが、最初だけです。
携帯電話の機種変更をしたり、新しいソフトウェアを買った時と同じ。やってみれば慣れます。
その為に応募のために必要な各種資料、補足資料等の役割、さらに研究計画調書の各欄についてを私なりに補足説明します。
続きを読む
posted by もとじむ at 2017年09月28日 last update | 研究計画調書作成のポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする