文系の申請書は控えめな金額で出さないと通らない?

文化系の研究は理科系の研究と比べると研究経費がかからないのは確かです。
先般、ノーベル賞を受賞された京都大学の山中教授の研究など、医学系の研究ともなればなおさらで、
研究費をどうやって確保するかというのは常に大きな課題であると言えるでしょう。
確かに大きく文系、理系と分ければ理系の方が研究費が必要なのは歴然としていますが、それも分野にもよります。
そして、文系と一口に言ってもお金のかかる分野があるのは言わずもがなです。

最初に私の見解を申し上げると、「文系だから」「理系だから」というのは関係ないと思います。
申請する研究課題の内容や規模に見合った研究費を請求するのであれば問題ありません。

大事なのは研究内容、規模に見合った研究費を請求しているかどうか。


科研費は、国の補助金を財源としている競争的資金のため、確かに財源には限りがあります。
しかし、審査員が研究計画調書を開いた時、一番最初に金額を見るでしょうか?

確かに表紙にはタイトル、所属機関、役職などと共に全研究期間の研究費が記載されていますが、
それを見て「これでこの研究費は多すぎる。」などと判断しようがありません。
あくまでも研究の評価は中身で決まるはずです。

科研費に限らず様々な研究費の審査員を引き受けてこられた先生はこうおっしゃっていました。

「まず最初にタイトル。このインパクトで興味が引きつけられる物はわくわくする。」

「次のその研究の背景を興味深くまとめられていれば、続きが気になって仕方がなくって、
 研究計画をすんなり読み進められる。面白い研究はすんなり引き込まれていくものです。」


「研究業績は、その研究計画を実行するための実力があるかどうかを見るための参考にする。
 過去の研究への取り組み方やどれだけ実績を残してきたかを知ることでその目安の一つになる。」


研究経費は最後だね。その研究を遂行するために必要と思われる物が請求されていれば問題ない
 無理矢理、高い機材を予算に組み込んだり、不自然な請求があるとすぐにわかりますよ。」


研究費の請求額が多いか少ないかで審査点数を決めるのではなく、研究計画に見合った研究費であるか、
その研究に本当に必要と考えられる物を研究費の明細に記載してあるかを見る。
それだけだとおっしゃっていました。
「こんなものいらないだろう」「こんなに沢山お金使わないだろう」と思うような不自然さがなければそれほど重要視しないそうです。


基盤研究(C)の上限額は3〜5年間の研究期間で500万円以内です。
文化系の研究計画だと500万円満額で請求すると「多すぎる。」と不採択になる噂されていると聞きました。
でもその根拠は一体なんでしょうか?
だったら文化系の研究課題は基盤研究(B)とか(A)とかもっと金額が大きな物には出せなくなると思いませんか?
文科省の公募要領にはそんな制限は一切書かれておりません。
科研費は分野を問わず、基礎から応用まで、我が国の学術研究を発展させることを目的にしているからです。


例えば、関連書籍を購入して、研究室の中で完結する様な研究を一人でするのであれば、図書費などが研究費の大半となるかもしれません。
図書、国内学会発表、論文投稿、パソコンなどの事務用品を購入するだけで研究ができる分野だとすれば、
500万円の研究費が、「高すぎる。」ように見えてしまうかもしれません。

しかし、海外でのフィールドワークが必要な物、国内外の著名人の協力を仰がねばならない物などは、
同じ文化系でも旅費や謝礼が大いに跳ね上がります。
その上その調査を記録するためにビデオカメラやデジタルカメラなどの機材がいるかもしれません。
研究期間が5年間かかるとすれば、1年間に使える金額はたったの100万円です。
そう考えると、500万円かかるのは当たり前に見えてきます。

文系だから、理系だからというおおざっぱな分け方ではなく、申請する研究計画に見合った研究費であるかどうか。
消耗品一つ、機材一つの価格をきちんと把握して、具体性をもった経費の明細を書いてあるかどうか。

この2つにつきるのではないでしょうか?


自分のやりたい研究をするためには、何がどこまで必要なのかしっかり見極めて、
審査員にわかりやすい形で書くのが一番だと思います。
明細の枠の範囲内で、より具体性をもった書き方で、必要な物品をあげてください。

そして、特殊でものすごく高価な専門書が必要だったりして、審査員によっては誤解を与えかねない場合は、
研究経費の妥当性・必要性」という記入欄がちゃんとあります。
この欄で「どうしても必要なんです!」とがんがん説明してください。

申請金額が低い方が採択されるかも・・・とご自分で判断されるのであればそうするのも構わないと思いますが、
その際は、ご自分のやりたい研究がきちんと遂行出来る範囲で調整してみてください。

挑戦的研究(開拓・萌芽)以外の研究費は採択時に申請額より減額される可能性が高いこともお忘れなく。
posted by もとじむ at 2016年10月01日 last update | 研究者が噂する審査都市伝説? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする