複数の科研費による設備の共同購入が可能に。

平成24年度より、複数の科研費による共用設備の購入が可能となりました。
これは研究費使用の効率化や単独では購入が難しかった高額の機器を共用設備として購入可能にするもので、
研究費使用の自由度の向上と、より一層の研究の進展が期待出来ると判断されたものです。
例えば同じ研究機関の研究者の中に、研究内容は異なる物の一部分で同じ装置を使う場合があります。
その場合、これまではA先生とB先生が全く同じ装置(同じ性能の装置)を別々に購入しなければなりませんでした。
所属研究機関として考えると、一つの研究機関に2つの同じ装置が資産として残ってしまいます。
しかも、その装置の使用頻度が低いと、お互いに使ってない時間の方が多くなるかもしれません。
一納税者として考えると「なんて無駄な!」って感じ。
(研究機関で機材を管理する担当者なんて特にそう思っていたでしょうね。)
そんな声に対応して、共同設備の購入を認める動きになったのでしょう。

共同購入の考え方


複数の異なる研究課題の中で、共用できる設備や機材を購入する計画がある場合、それぞれの負担割合を明確にし、
且つ運用ルールを所属研究機関が適切に定めて管理する前提の元で、共同購入することができます。

例えば、A先生、B先生のそれぞれが100万円の◎×装置を購入する計画だった場合、
100万円の◎×装置を2つ購入するのではなく、1つだけ購入して二人で使います。
その際の負担割合は研究規模や使用頻度など、合理的な方法で按分するなどして決定し、書面に残しておきます。
(これらのルールは管理者側の所属研究機関がきちっと決めることになるので、お問い合わせください。)

100万円の装置を共用することで、100万円の研究費が浮くことになります。
この100万円はそれぞれの装置代負担額から差し引いて、消耗品費などとして研究に活用出来るのです。
また、研究を計画した当初にはなかったよりハイスペックな機材が発売されているかもしれません。
それぞれの100万円の装置代を足して200万円のより高機能な装置を購入し、共用することも可能となります。

このことにより、より研究費を効率的に利用出来ることになります。

科研費以外の研究費との共同購入も場合によっては可能。


設備の共同購入は科研費同士だけでなく、他の省庁からの補助金でも可能な場合もあります。
ただし、他の資金では共同購入を認めていない場合もありますので、使用ルールを充分調べてください。
所属研究機関から配分される研究費についても、所属研究機関でどのようなルール(規程)を定めているかによって異なります。

科研費側のスタンスは、「研究費の効率的な使用という目的で行うのであれば、共同購入を妨げない。」ということです。

共同購入した設備の費用を負担していない研究者も使用可能。


この設備の購入資金を出したのが科研費であっても、その科研費の研究を妨げない範囲であれば、
研究費を負担していない第三者的な研究者が利用することも可能です。
これは国の税金で買ったんだから、購入した物は多くの人に活用されてしかるべきということでしょう。

ただし、資金を出した研究者の研究の妨げにならない範囲でのことです。
勿論、使用ルールは研究機関が事前にきちんと定めておく必要があります。

科研費を応募する時には共同購入を前提にしないでよい。


科研費を応募する時に設備や装置の共同購入を前提にして研究計画調書を書く必要はありません
共同購入を検討するのは、科研費が採択された後の話です。

例えば、共同購入を前提に、A先生とB先生が予め相談して按分した装置代で研究計画調書を書いたとします。
翌年の4月に科研費の内定通知が届いた時、A先生のみが内定となり、B先生は不採択になった場合どうなるでしょう?
予め装置代を少なく見積もっているため装置が購入出来ず、採択されたはずのA先生まで研究が遂行できなくなる可能性があります。

共同購入はあくまでも採択された後に、より研究費を効率よく使用する手段として検討する話なのです。


なお、既に交付されることが決まっている研究費が手元にあり(科研費の継続課題や他の研究費など。)、
共同購入を前提とした金額で申請した方が都合がいい場合は、共同購入として申請することも考えられます。

例えば、基盤研究(C)に応募するとき、その装置を満額で請求すると研究総額が500万円を超えてしまう時などです。
基盤研究(B)に出すよりも、基盤研究(C)に出した方が通るとご自身が判断される場合に、
戦略的にそのような手段をとることも考えられなくはないです。

ただし、前にも書きましたが、私は科研費の研究費は請求額がそのまま満額で通った例は見たことがありません
(参考ページ:研究費の考え方、組立て方。
ただでさえ請求額通りに研究費がもらえないのに、計画段階で自ら減らしてしまうと、
採択後に研究が成り立たなくなる可能性があります。

設備の共同購入については、採択後に考えるので充分だと思います。

posted by もとじむ at 2012年09月27日 last update | 採択された後に必要なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする