初めまして。私は某大学で研究助成金獲得業務を行ってきた「もとじむ」と申します。
このサイトを作ろうと思ったきっかけは業務外で知り合った他大学の教員の方のお話を伺ったことです。
研究機関によっては研究への細かいサポート体制がないということを知り、
もしかしたら私のつたない経験でも役に立ててもらえるのかもしれないと思い立ちました。
このサイトをご覧戴くに辺り、「はじめに」と「ご留意頂きたいこと」をご覧いただき、ご理解ください。
非営利目的であり、更新頻度は一定ではありません。時々、思い出した様に記事を追加することになると思います。

平成30年度の科研費の公募が始まりました。
今回の公募より、応募分野の大規模な変更、審査方法の変更、様式の変更等、かなり大がかりな変更があります。
また、若手研究の区分けの撤廃、年齢による条件の撤廃(博士号取得年度からの年数で判断)等、条件面での変更もいろいろありますのでご注意ください。
このサイトでは順番に記事を更新していきますが、全てのページが新様式に書き換わるまではかなりの時間を要しますので、ご容赦願います。
目次

留意事項やお知らせ
はじめに。このサイトを開設したきっかけ。
ご覧頂くに当たってご留意頂きたいことなど。
科研費関連サイトリンク集 更新

研究計画調書作成のポイント
科研費の計画調書は誰もが書きやすい申請書類。 更新
研究種目の選び方更新
審査希望分野の選び方 更新
研究組織(研究代表者、分担者、連携研究者、外国人)の考え方更新
最も重要なのは研究の背景をどう書くか。 更新
審査員の目を想像しながら計画調書を組立てる(1) 更新
審査員の目を想像しながら計画調書を組立てる(2) 更新
採択の分かれ目は「普通プラスα」。5段階評価の真実。 更新
※平成30年度公募分から4段階審査になります。(書き換えてあります。)
効果的に審査員に研究内容を訴える書き方の例更新
意外とできてないのが書くべきことを書くべき欄に書くこと。更新
科研費の公募にまつわる資料や様式の種類の解説。更新
研究費の考え方、組立て方。 更新


研究計画調書 各項目の書き方 具体的解説
「研究目的、研究方法など」の書き方 更新
「本研究の着想に至った経緯など」の書き方 更新
「研究代表者および研究分担者の研究業績 」の書き方 更新
「人権の保護及び法令等の遵守への対応」の書き方 更新
「研究計画最終年度前年度の応募を行う場合の記入事項」の書き方  更新
「設備備品費の明細」の書き方 更新
「消耗品費の明細」の書き方 更新
「国内旅費、外国旅費」の書き方  更新
「人件費・謝金、その他」の書き方  更新
「研究費の応募・受入等の状況」の書き方 更新
若手研究:「研究略歴」の書き方
研究分担者承諾書とは? 更新
「応募情報(Web入力項目)」と「応募内容ファイル」。提出までの流れ。 更新


研究者が噂する科研費審査都市伝説?
科研費は国立大学に所属していると採択されやすいのか?
審査員は3年で入れ替わるのでしつこく出せば3年目にお情けで通る?
文系の申請書は控えめな金額で出さないと通らない?
図表やイラストはカラフルに仕上げる方がよい?


科研費申請書類書き方のコツ 記事一覧(目次)

トップページにのみ掲載していた目次をページにしました。目的の記事を探すのにご利用ください。
なお、今後、平成30年度の更新に合わせて改訂した記事には更新を、
平成30年度に新たに追加した記事には追加 アイコンを添えていきます。続きを読む
posted by もとじむ at 2017年10月25日 last update | 留意事項やお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

研究分担者承諾書とは?

科研費を応募する時、応募する本人を研究代表者といいます。
また、応募する研究種目によっては応募者を研究代表者として研究組織を構成することが可能で、
その研究組織内に研究分担者や連携研究者などを含めることができます。
具体的な分け方は「研究組織(研究代表者、分担者、連携研究者、外国人)の考え方」に記載したとおりです。

研究組織の構成員の中でも研究分担者は研究内容に対し一定の責任を負う立場にあります。
応募研究が採択されると研究経費の一部の配分を受け、研究分担者の所属研究機関が適切に処理する必要があります。
研究分担者は分担者として応募することを所属研究機関に事前に承諾を得ることが義務づけられており、
その為の書類が「研究分担者承諾書」です。
続きを読む
posted by もとじむ at 2017年10月18日 last update | 研究計画調書 各項目の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「応募情報(Web入力項目)」と「応募内容ファイル」。提出までの流れ。

平成30年度の科学研究費補助金の提出期限まであと1ヶ月あまり。
科研費は研究機関が所属研究者の分をまとめて提出しなければならないため(電子申請も含む。)、
文部科学省や日本学術振興会が定めている締め切りよりも数週間前に学内の締め切りが設定されるのが一般的です。
ちなみに私の所属していた大学は規模がそれほど大きくなかったため、最終締め切りは2週間ほど前でした。
提出されてきた書類をプリントアウトし、計算違いや書き間違い、様式間違い(ダウンロードを間違えることもある)をチェックし、
問題なければ受理。問題があれば差し戻します。

多くの研究者が締め切りギリギリに提出してくるため、一度にチェックする量がハンパじゃなかった。
だから2週間前というのは結構ギリギリの設定でした。
所属研究者の多い研究機関では公的な締め切りの1ヶ月ほど前にしているところもあるようですが、
これは仕方がないことだと思いますね。

そして、締め切りを1日でも過ぎたらシュレッダーにかけて破棄していたというのですから、そのドライな対応がすごい。
今は電子申請になので中身を見ずに却下するのか、チェック抜きで提出するのかどうしておられるのか興味があります。
年々、文科省が設定する提出期限が早まっているので、先生方も戦々恐々としておられることでしょう。

そろそろ補助金を貰うためのキモである「応募内容ファイル」が書き上がり、電子申請システムに登録する時期だと思います。
今更ですが、「応募情報(Web入力項目)」と「応募内容ファイル」の2つについてと提出の流れについて書いていきます。
続きを読む
posted by もとじむ at 2017年10月16日 last update | 研究計画調書 各項目の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「消耗品費の明細」の書き方

「設備備品費」が実験機材、パソコンや図書など、研究終了後もすぐに減価償却されずに利用すべき耐久備品であるならば、
「消耗品費」は購入する物品のうち、研究期間内で使い切り、備品としての資産価値を持ち得ない物をいいます。
ほとんどどんな分野の研究課題でも消耗品を必要としないことはないでしょう。
薬品、実験動物、記録メディア、ガラス器具などの消耗品をどれだけ必要とするか、応募課題の研究計画を踏まえ、
物品名、金額等を詳しく書くのがこの欄です。
続きを読む
posted by もとじむ at 2017年10月15日 last update | 研究計画調書 各項目の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「研究費の応募・受入等の状況 」の書き方

科研費の応募書類に「研究費の応募・受入等の状況・エフォート」という記入欄ができてから10年くらいが経過しました。
この欄にもそろそろ慣れてきた頃かなということで、平成30年度よりまたいろいろ変わってきました。

平成29年度まで、科研費の審査は原則的に2段階審査でした。
第1段審査を通過すると、今度は第1段審査の評価を基に総合的な調整を行う「第2段審査」が行われます。
研究費の応募・受入等の状況 」はこの第2段審査で審査資料として使われるページでした。

平成30年度より、審査方法が研究種目ごとに変わっているため、細かなことは追々書いて行ければいいなと思いますが、
審査方法が変わろうと変わらなかろうとこの項目が作られた趣旨は、同じです。
「研究資金の不合理な重複や過度の集中にならず、研究課題が十分に遂行し得るかどうか」を判断する際に参照する項目です。

このページは「研究計画はよく書けているし、学術的価値がある研究」と一定の評価をされた研究が通る次の関門

他に多くの仕事や研究を抱えている場合、採択されても研究する時間を作れるとは思えなかったりします。
また、まれに似た様な内容の研究をあちこちの省庁の補助金に応募して、お金を二重三重に貰おうとしている不埒なかたがおられるのです。
著名な先生になると「研究分担者になって!」という頼みを安易に引き受けてしまい、
気がつけば、現在進行中の研究を大量に抱えていたりすることも。

研究費の応募・受入等の状況・エフォート」は、応募者の置かれている研究環境や、
応募研究を遂行し学術成果を出せる状況にあるかどうかを判断する材料として使われます。
続きを読む
posted by もとじむ at 2017年10月14日 last update | 研究計画調書 各項目の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする